お遍路さん登録 ログイン

神毫山一宮寺 しんごうざん いちのみやじ

第83番札所


神毫山一宮寺の画像

寺を開いたのは、行基菩薩の師・義淵僧正(ぎえんそうじょう)で、当初は法相宗だったが、弘法大師が再興のため訪れた際にはに真言宗に改宗した。 天正の兵火により焼失するが、江戸時代に高松藩によって再興されている。 境内には、薬師如来の祠があり頭を入れると地獄の釜の音が聞こえるという。邪心な者は、頭が抜けなくなると言われている。

基本情報

住所 香川県高松市一宮町607
電話番号 087-885-2301
宗派 真言宗御室派
本尊 聖観世音
交通アクセス 高松自動車高松西ICより4km
地図 神毫山一宮寺の大きな地図を見る
公式ホームページ

神毫山一宮寺のお遍路道中記


お遍路ポータルとは

四国巡礼八十八箇所お遍路さん巡りの総合情報サイトです。
お遍路さんによる情報発信と情報を共有する事を目的としています。

詳しく見る
Copyright © 2019 お遍路ポータル ALL RIGHTS RESERVED