お遍路さん登録 ログイン

田野のお母さん美園ママ

うさぎさんの道中記


作成日:2014年04月05日 訪問日:2014年03月30日
28番札所 法界山大日寺


田野の善根宿美園に入ると、あの懐かしい声が台所から聞こえてきました。
「お遍路さん、入ってよー」
と、声のする方に行くと、美園ママが夕飯の支度をしていました。
「美園ママ、お世話になります。覚えていますか?」
と私が聞くと、美園ママはしばらく記憶をたぐり寄せるかのように考えて、「えー、まさかよね、えー、まさかよね!」
私が頷くと、美園ママは涙を流しながら抱き寄せてくれました。
私も、そんな美園ママを見て、涙を流しながら
「また来ました。田野のお母さん、美園ママに会いに。」
とても喜んでくださり、今夜はお祝いしないと!と言い、和牛のいいお肉を使ってすき焼きを作ってくれました。
今夜は私の他、16歳の高校生お遍路さん、関西から来た年配の女性お遍路さんの三人。
美園ママがたくさんの品数のお夕飯を用意して、再会のお祝いをしてくれたのです。
楽しい夜でしたが、午後8時を過ぎる頃、だんだん鼻水と熱が酷くなり、早目にお布団へ入ることに。
雨は次第に大雨となり、夜中は暴風雨で台風のような音が聞こえていました。

翌朝、午前5時の目覚ましで目が覚めると、暴風雨は収まっておらず、警報が出ている状態。
熱があるのか寒気がして身体は怠く、喉の痛みと鼻水、咳のオンパレードです。
ズビズビの鼻声で、美園ママにお薬を飲んでもう少し寝て、出発するか、もう一泊お世話になるかきめます。と、お願いしました。
美園ママは心配してくださり、連泊を勧めてくださいました。

午前8時、雨は小康状態になり、風が残る程度に。
雨が止んできたなぁ〜と窓の外をみてると、私より二日前に名古屋を出発していたお遍路仲間から、
「いま高知市内で嵐が過ぎるのを待っています。今日はこのまま高知市内で連泊するから追いつくかな?」
との電話をいただきました。
二日離れていたので、会うことは難しいと思っていました。
もしかしたらと思い、遍路地図を見ると、私が休まず二日間35キロずつ進むと会える位置であることに気付きました。

熱も落ち着いてきたので、思い切って出発することに。
仕事に出た美園ママに電話し、出発の連絡とお礼を伝え、田野駅から昨日歩いた安芸駅まで電車で移動し、ポンチョを着てすぐに歩き始めました。
国道を並行する遍路道を、ひたすら歩きます。
歩いて疲れると、しばらく立ち止まり、また歩く。
熱が下がり切っていなかったのか、あまり考える力が無かったのか、時間を感じさせませんでした。
道の駅やすに午後2時に到着し、トイレ休憩と、カロリーメイトを食べてまた歩き出します。
高知黒潮ホテルを通過する頃、足が急に重くなり、なかなか前に進まなくなりました。
それでも、大日寺の標識が出る度に、あと少し、あと少し、そう心で自分を励ましながら歩み続けました。
時刻は午後4時35分、28番札所大日寺に到着。
納経時間に何とか間に合ったのです。
本堂で家内安全を、大師堂では美園ママに会うことが出来たことのお礼、そして、美園ママがいつまでも笑顔で幸せに過ごせるよう、お大師様にお願いしました。
宿が決まっていなかったため、近くの宿にお願いし、素泊まりで何とかお願いすることができました。
お風呂から上がると倒れこむようにお布団に入りました。
雨はやはり辛いです。

 
 いいね!: 34 件

美園ママとの再会。楽しかったです。

美園ママとの再会。楽しかったです。


思い出の大日寺。いつも雨になってしまうのは何故だろう。

思い出の大日寺。いつも雨になってしまうのは何故だろう。

ちひろ 2014年04月06日 コメントNO:824

うさぎさん

[疲れたお遍路]ならば皆も『頑張って!』って言えますが 雨よりも 弱っている体を痛めてまでの[辛いお遍路]は やはり~ 辛いですネ まだ先は長~いお遍路です 今回だけは連泊して もう少し体を休めてから出発して欲しかったですヨ ところで 美園ママさん?の横に写る美人の女性は誰でしょうか?       

katch.ne.jp

うさぎ 2014年04月06日 コメントNO:826

ちひろさん
ちょっと無理してしまったのかな、と振り返ると後悔したりもします。
まだ先が長いので、ちひろさんの言うように、今後は無理せず、連泊するなどして体調管理に努めたいとおもいます( ̄^ ̄)ゞ
写真、、、私です(−_−;)あらやだ〜。

au-net.ne.jp

玄田 2014年04月06日 コメントNO:827

田野のお母さんと涙のハグハグしたんですね、私まで(;>_<;)
写真見させて頂き、有難うございます、神峯寺の桜綺麗だこと。
そして、田野のお母さんは、善根宿やってるだけの、いい笑顔してらっしいますね。
去年の正月のご挨拶で、うさぎさん、元気にしてると言う、風の便りで、少し安心してて、この写真の笑顔で又安心しました。
太ったかい、大病患ったとは思えない笑顔で、めっちや安心しました。
私も嬉しいヽ(*゚ω゚)ノ
わあからない・・・わあからない・・・
岬の北は、遍路道も、いくつも有るし、地図が継らない、ぐるぐる回して、ここは何処、延光寺はどっち状態です(+o+)
山の遍路道を、桜の花びらが舞う中、うさぎさんが歩く姿が見えるぞよ、
頑張れ(っ`・ω・´)っフレーッ!フレーッ!

softbank126016124115.bbtec.net

河童 2014年04月06日 コメントNO:828

うさぎさん、お疲れ様です。
体調崩しておられたんですね…((+_+))今頃は完全復活ですか?
修行の旅とはいえ、体調管理しっかりとして「前に進んだり…」「立ち止まる決心をする」ということも修行の一つかと思いました。

うさぎさんのファンは多いようですね?
みなさんがきっと心配されていると思いますので、無理されずマイペースで頑張って行ってくださいね。

バナナはエネルギー源ですよ~(^^)v
応援していま~す。

ocn.ne.jp

あっぷる 2014年04月07日 コメントNO:829

 うさぎさん体調が良くないときは休みなさい。
お寺は、逃げませんからね。人の出会いは又が有りますよね。
女性の1人歩き遍路、はらはらしますよ
だけど度胸すごいですね。

infoweb.ne.jp

うさぎ 2014年04月07日 コメントNO:830

玄田さん
いつもコメントありがとうございます!
田野のお母さん、すごく素敵な笑顔なんです。
唯一、お母さんが写っているのがこの一枚だったのでアップしました。
私も体重も増えて、元気になりました。
ご心配をお掛けし申し訳なく、またお気遣いありがとうございます。

地図、相変わらず私もぐるぐる回しながら歩いています。
毎日のように道に迷い、ウロウロ。
足摺から延光寺までの地図、分かり辛いですよね。最初はどう繋がっているのか、分からなくて苦労しました。
今回は、月山神社経由で延光寺を目指しています。
想像の通り、高知は桜舞い散る遍路道。季節を感じながら、頑張ります!

au-net.ne.jp

うさぎ 2014年04月07日 コメントNO:831

河童さん
風邪はすっかり治り、今は花粉症で鼻水流しながら歩いています(笑)
体調管理は本当に一番大切ですよね。実感しています。
今日は足の筋がおかしくなり、この先の行程をどう変更しようか思案中です。
こんなに長く歩いた事がないので、今は体力的に未知の世界です。
身体の様子を見ながら峠越えをどのタイミングでするか、この先の課題です。
ゆっくり、焦らず、頑張りますね!
河童さんもとても良い出会いを楽しんでいらっしゃいますね。
日記、楽しみにしています!
バスツアー、どのバス会社なのかな?
バスがお寺の駐車場にとまっていると、つい、バス会社の名前をチェックしたり、、、河童さんらしき人を探してしまいます。

明日も頑張ります!

au-net.ne.jp

うさぎ 2014年04月07日 コメントNO:832

あっぷるさん
お気遣い、ありがとうございます。
体調悪い時は、お休みするようにしますね。
学習能力が無いというか、行けるんじゃないか!!と錯覚してしまうダメな性格です(>人<;)

あれからは、のらりくらりと歩いています。
足休めも兼ねて、足摺観光をしたり、、、。

季節もお天気も良いので、明日も四国をゆっくり満喫しながら歩きますね。
明日も頑張ります!

au-net.ne.jp

道中記にコメントする

道中記へのコメントは、ログインが必要です。

プロフィール

うさぎのアバター
  • ニックネーム:うさぎ
  • 性別:女性
  • 年代:40代
  • お住まい:愛知県
  • リンク:-----

歩き遍路で人生修行中。

二回目の遍路
平成26年3月19日春爛漫の四国を歩き始めて、平成26年5月1日に結願しました。
結願後は四国に円を描くため、そのまま10番まで下り1番札所まで歩き続け、平成26年5月3日にお礼参りを完了しました。
初めての通し打ち、喜怒哀楽の旅が終わりました。
応援してくださいました皆さん、ありがとうございました。

追記
平成26年12月23日高野山にて満願しました。

日記が未完成なので、一年以上経ちましたが私の遍路軌跡を最後まで書いていきたいと思います。
お休みしている間、たくさんの方から励ましの手紙やメール、コメントをいただきました。ありがとうございました。

道中記メニュー

納経帳

うさぎさんの納経帳を見る

3周の結願があります。

ただいま、4周目の巡礼中

現在の巡拝数:0/88


Copyright © 2017 お遍路ポータル ALL RIGHTS RESERVED