お遍路さん登録 ログイン

霊場情報(札所情報)

お遍路さん

四国お遍路は、徳島県から香川県まで四国4県の札所(霊場)を時計回りでまわっていく。
全行程1300kmにも及び、遍路ころがしと言われる難所もあれば、絶景に出会うこともある。
その行程を「同行二人」といって、弘法大師と共に歩む修行とされている。

最近では信仰心の為だけでなく、健康、癒し、懺悔、供養、煩悩の消し去り、自己の生き様を見つめるなど多くの老若男女が様々な思いを胸に、今日も巡礼の旅に奮起されている。

徳島県 発心ほっしんの道場

発心の道場 徳島県

巡礼の旅は、徳島県第1番札所から始める。
1番から10番札所まではのどかな平野が続く。12番焼山寺、20番鶴林寺、21番太龍寺など山上の霊場もあり豊かな自然の中を進む。
発心とは悟りを求める心を持つことで、巡礼者は、初心に戻って仏に帰依する心を養うこととされている。

徳島県の札所一覧

高知県 修行の道場

高知県 修行の道場

高知県の道中は、室戸岬から足摺岬まで海岸に沿って長い長い旅が続く。
ここでいう修行という言葉には、難行苦行の旅という訳ではなく、心身に仏道を身につけ善行を積む精神的な修行と言われている。

高知県の札所一覧

愛媛県 菩提の道場

愛媛県 菩提の道場

菩提とは自心を知ることとされており、ありとあらゆる煩悩(人の苦の原因)を断ち切り、不生、不滅の理を自ら悟るとされている。

愛媛県の札所一覧

香川県 涅槃ねはんの道場

香川県 涅槃の道場

いよいよ遍路道も終盤へ。
涅槃は、悟りと似た意味であるとされ、修行により煩悩を吹き消した状態を表している。
結願は、間近である。

香川県の札所一覧

四国別格二十霊場

空海(弘法大師)にゆかりのある四国20霊場の寺が集まって四国別格(番外)霊場といわれています。
四国八十八箇所に、四国別格札所の20霊場を加えると108となり煩悩の数となります。

四国別格二十霊場

お遍路ポータルとは

四国巡礼八十八箇所お遍路さん巡りの総合情報サイトです。
お遍路さんによる情報発信と情報を共有する事を目的としています。

詳しく見る
Copyright © 2017 お遍路ポータル ALL RIGHTS RESERVED