お遍路さん登録 ログイン

舎心山太龍寺 しゃしんざん たいりゅうじ

第21番札所


舎心山太龍寺の画像

海抜600mの太龍寺山山頂付近にあり西の高野と言われている。 かつては、焼山寺、鶴林寺とならぶ徳島の難所だったが、ロープウェイのお陰で空中散歩を楽しみながら登山することが出来る。境内は、樹齢数百年の杉に囲まれ独特の雰囲気を醸し出している。 境内から650mほど左へ行くと、弘法大師が虚空蔵菩薩を100万遍唱えるという厳しい修行(虚空蔵求聞持法)を行った「舎心々獄(しゃしんがたけ)」と呼ばれる岩が残っている。時間があれば、立ち寄ってみたい。 このお寺は、延暦12年(793年)に、桓武天皇の勅願で弘法大師が開き、本尊は虚空蔵菩薩。 ※交通アクセス:太龍寺へはロープウェイ(大人往復2400円)で登るか、車では境内近くまで上ることが出来るが駐車場より境内まで約1km(徒歩にて30分程度)ある。

基本情報

住所 徳島県阿南市加茂町龍山2
電話番号 0884-62-2021
宗派 高野山真言宗
本尊 虚空蔵菩薩
交通アクセス 山頂へは太龍寺ロープウェイを利用できる。
地図
舎心山太龍寺の大きな地図を見る
公式ホームページ

舎心山太龍寺のお遍路道中記


お遍路ポータルとは

四国巡礼八十八箇所お遍路さん巡りの総合情報サイトです。
お遍路さんによる情報発信と情報を共有する事を目的としています。

詳しく見る
Copyright © 2019 お遍路ポータル ALL RIGHTS RESERVED