お遍路さん登録 ログイン

2016年四国逆打ち遍路4日目「60番横峰寺~52番太山寺、別格11番生木地蔵~別格10番興隆寺」

気ままに過ごす。さんのお遍路道中記

作成日:2017年03月12日 訪問日:2016年10月31日
四国別格二十霊場 第10番札所 仏法山興隆寺


お遍路さんは朝早く宿を出て夕方は早めに宿に入る行動が良いといわれています、朝6時に暖かい手作りの食事を美味しく頂いて60番横峰寺へ向け出発しました、松山自動車道を伊予小松ICで降りて横峯寺方面へ走ります、横峯寺参拝バスが出る「瀬戸内バス上の原乗換え所」を過ぎた辺りの道路脇には数匹の犬がのんびりと座っているので轢かないように注意して通過します、平野林道入り口のゲートで通行料を払い狭い道幅の道路を横峯寺へ向け走ります、横峯寺の参拝を終えて降りてくる車とすれ違いながら到着した横峯寺駐車場には沢山の車が駐車しています、車を降り杖と菅笠、山野袋を身に付け木々が茂る参道を横峯寺へ歩きます。前回ここへ来た時は雨でしたが今日は晴れていますが参道は少し肌寒いです、横峯寺での納経を済ませて別格11番生木地蔵に向かうために下山しますが下からは数台の車が繋がった状態で上って来るので進路を譲ったり譲られたりを繰り返し下山(車を運転している人を見るとほとんどの人が60代~70代の人達です)。松山自動車道、国道11号線を経由して走る事45分カーナビのデータが古いのか私の判断が悪いのか着いた所は生木地蔵の隣に有る福岡八幡宮でした、目的地は隣なのここから歩く事にします、生木地蔵の本堂へ上がる階段の左下には60年ほど前の洞爺丸台風で倒れた楠を家根で囲い保護してあります、階段を上がり本堂と右隣に有る大師堂で納経を済ませ大師像を拝観し納経所へ向かい呼び鈴を押して出てきた係りの人に朱印を貰い別格10番興隆寺に向かいます、(走行時間約10分)到着した興隆寺の駐車場はお寺の行事でもあるのでしょうか?駐車場が満車のため路肩で車を止めて駐車場が空くのを待ちます、興隆寺本堂までは石段が整備され参道の両側は大きな木々が生い茂っています、参拝を終えて降りてくる人達とすれ違いながら15分~20分程歩き興隆寺に到着しました、この日は御本尊が開帳されていたので境内には沢山の人が参拝に訪れていました、興隆寺境内には数匹の犬が放し飼いにされています、皆おとなしい犬ですが中に1匹だけ背中にハートのマークが描かれた服を来た小型犬が繋がれていますがこの犬は参拝する人が連れてきたのでしょう、他の犬とも喧嘩をせずおとなしく飼い主が戻ってくるのを待っています、境内には数名のお遍路さんが休息しています、興隆寺で開帳されている御本尊を拝観するには料金が必要なので賽銭を入れる時に背伸びをしてみましたがご本尊がどこにあるかわからず納経後山を下り59番国分寺へ向かいます国分寺での納経を済ませ58番仙遊寺へ移動します、仙遊寺には前回納経した時携帯電話で会話をしていたお坊さんさんに「朱印はお寺で納経をした証に与えるのです」と言われた事が記憶に残っていたのでその和尚さんに会える事を楽しみにしておりましたがこの日の納経所にいたのは女性でした、その後57番栄福寺、56番泰山寺を経て55番南公坊へ向かいました、納経後訪れた納経所には10名ほどが順番待ちをしております、納経所の係りの人は朱印を貰う1人1人に言葉をかけています、私も以前にも朱印を書いているこの人と会話を交わした記憶がありますが本人は覚えている訳はないです、今回は私の私への朱印を書き終えた後朱印帳の裏を見て「住所と名前が書いてありませんね、書いてあれば無くした時に帰ってくる可能性があるので書いておいたほうがいいですよ」との言葉をありがたい助言を耳に残し54番延命寺へ向かいます、延命寺の納経所では高齢の女性がさらさらさらと見事な文字で朱印を書いています。延命寺の納経を済ませ時間を確認すると午後2時を少し過ぎたところなのでまた予定を先行して53番、52番札所へ向かう事にします。40キロ程の距離を約40~50分かけて53番円明寺に駐車場に到着し鹿児島ナンバーの黒いワンボックスカーの隣に駐車して円明寺に入りました、まだ3時前なので境内はお遍路さん達で賑わっています、納経を終えて駐車場に戻ると隣に止めてある鹿児島ナンバーの車には親子でしょうか女性が3名乗り込んで52番太子寺方面へ発車して行きました。52番太子寺へ到着した頃は雲が出て薄暗く今にも雨が降り出しそうなので傘を手に持ち薄暗くなった参道を本堂へ急ぎます、(太子寺は納経所付近まで車で行く事も出来ます)人気の少なくなった本堂、大師堂で納経を終えて納経所に向かいます、太子寺の納経所の係りの人(お坊さん?)と2年前に納経後伊予鉄道三津駅まで行くバスに乗車した時乗り合わせたことが有ります。小雨が降り始めている中、太子寺から今日の宿泊地今治市内へ戻ります。今治市内の国道196号線沿いにあるその宿は同じ建屋に焼肉店も併設しています。素泊まりで予約しておけば今夜は焼肉とビールの豪華な食事?も出来たのにと私の心の声が聞こえてきます、受付後部屋に入ると「蛇口から出る水は飲まないで下さい」と貼紙されペットボトルが1本用意して有ります、部屋に置いてあるペットボトルが1本では足りないのでフロントに問い合わせると蛇口から出る水は井戸水ですが沸騰させれば何の心配も無く飲む事が出来るとの事、水が合わず下痢をする人が出る可能性があるのでサービス業は気を使いますね、入浴後夕食を食べるために最上階にある食堂へ向かいました、ビジネスホテルでも2食付だと夕食の心配をしなくてもいいので助かります、夕食後部屋に戻り11月1日の宿を予約する事にします、私はスマホを持っていないので出発前自宅で愛媛県内の札所付近の市町村にある宿のリストを作って持ってきているのでそれを参考にして愛媛県八幡浜市に有るセンチュリーホテルイトーに予約しました。
4日目に納経した札所は以下の11ヶ所
 60番横峰寺~別格11番生木地蔵~別格10番興隆寺~59番国分寺~58番仙遊寺~57番栄福寺~56番泰山寺~55番南公坊~54番延命寺
~53番円明寺~52番太山寺

 
 いいね!: 0 件

台風で倒れた楠が大切に保存されています。

台風で倒れた楠が大切に保存されています。


別格10番興隆寺は本尊ご開帳中でした。

別格10番興隆寺は本尊ご開帳中でした。


興隆寺にはこんな建物も有ります。

興隆寺にはこんな建物も有ります。


興隆寺への参道。

興隆寺への参道。


興隆寺の参道脇にありました。

興隆寺の参道脇にありました。


小休止したPAにあったしまなみ街道の観光地図。

小休止したPAにあったしまなみ街道の観光地図。

道中記にコメントする

道中記へのコメントは、ログインが必要です。

プロフィール

気ままに過ごす。のアバター
  • ニックネーム:気ままに過ごす。
  • 性別:男性
  • 年代:60代
  • お住まい:岐阜県
  • リンク:-----

四国霊場を通しで周りましたが、機会があれば再度。

お遍路道中記(月別)

納経帳

気ままに過ごす。さんの納経帳を見る

1周の結願があります。

ただいま、2周目の巡礼中

現在の巡拝数:0/88


Copyright © 2021 お遍路ポータル ALL RIGHTS RESERVED