お遍路さん登録 ログイン

再びチャレンジ!!

三面大黒さんのお遍路道中記


作成日:2012年12月15日 訪問日:2012年12月14日
51番札所 熊野山石手寺


前回雪で引き返したので、ふたたび27回目の結願めざして久万へ向かう。

6時50分に事務所(この日はへんろのため朝早くから仕事)を出発。
気温-1℃『こりゃーちと厳しいなぁー』と思いながら池田ICへ。

先に松山近辺を打ち、気温が上がってから久万に向かうことにする。

西林寺では久しぶりに顔見知りの、徳島県上勝のN御夫妻(245回錦札)と会う。
朝一番に久万に向かったが、大寶寺の手前で引き返したと残念がっていた。

浄瑠璃寺~石手寺まで順調に打ち、時間は10時50分、気温は12℃に上がっていた。
『よし!今ならいける』と、道後から久万に向かう。
砥部で15℃、国道の表示では久万4℃となっていた。

新しい三坂道路はトンネルが多く、いきなり雪景色だ。
道路わきの雪を見ながら中心部へ、於久万大師を入り前回断念した場所も過ぎ、岩屋寺に向かう。

タイアを交換したので、気持ちにゆとりはあるが、それでも恐る恐るゆっくり走る。
三坂の坂は凍ってつるつるすべり、なおかつ杉の枝から氷の塊が・・・・!!

なんとかお参りを済ませて、大寶寺へ向かう。
今回は大事をとって、下の駐車場から歩いて登った。ここも同じようにすべって大変だった。

駐車場に戻ってみると時間が13時50分。とたん『ぐぅー』とお腹がなった。

今日の予定はここで終了!あとはご飯にしよう。

帰りは節約のため、一般道を使ったので帰宅は17時50分。『あぁーしんど』

             本日の走行距離 346キロ 所要時間 11時間 札所 8カ寺

 
 いいね!: 100 件

雪と氷の岩屋寺参道(岩屋の坂)。つるつるすべって頭上からは氷の塊が!!

雪と氷の岩屋寺参道(岩屋の坂)。つるつるすべって頭上からは氷の塊が!!


衛門三郎ゆかりの札始大師堂の内部。ここが納札の最初と言われている。

衛門三郎ゆかりの札始大師堂の内部。ここが納札の最初と言われている。


青空とお大師さん。48番奥の院杖の渕。名水百選にも選ばれている。

青空とお大師さん。48番奥の院杖の渕。名水百選にも選ばれている。

道中記にコメントする

道中記へのコメントは、ログインが必要です。

プロフィール

三面大黒のアバター
  • ニックネーム:三面大黒
  • 性別:男性
  • 年代:60代
  • お住まい:徳島県
  • リンク:ホームページ

病に倒れ、ひたすらリハビリのお蔭で歩けるようになりました。
しかし目標を失うと寂しいもので、遍路を続けるうちその魅力にとりつかれ嵌ってしまいました。今は息子に仕事を譲り、四国のあちこちに出没しています。
息子に感謝・家内に感謝・家族に感謝・みんなに感謝の毎日です!!
薬師如来さんを求めて! 区切り滅多打ち  現在32巡目(内歩き遍路4回)

お遍路道中記(月別)

納経帳

三面大黒さんの納経帳を見る

1周の結願があります。

ただいま、2周目の巡礼中

現在の巡拝数:0/88


Copyright © 2019 お遍路ポータル ALL RIGHTS RESERVED