お遍路さん登録 ログイン

寒さに震えながら

うさぎさんのお遍路道中記

作成日:2012年04月30日 訪問日:2012年04月11日
49番札所 西林山浄土寺


西林寺からは3キロ程の道のり。
距離は短いが、冷たい雨のせいか身体が怠い。
?靴は浸水し、腰から下、お杖を持つため腕は肘まで雨が入って濡れていた。

県道をひたすら歩くのだか、歩道の無い所が多く車とすれ違うのが怖い。
時には車が跳ねる水しぶきを被りながら歩いた。
先頭は健脚井田さん、二番手は女大師様、私、しんがりは松田さんだ。
後ろを振り返ると松田さんとかなり距離が開いていた。
松田さんはうつ向き加減で足取りが重い。体調が悪いのかと心配になり、少し待つことにした。
松田さんが近づいて来たので、
大丈夫ですか?
と声を掛けると、にっこり笑顔で大丈夫だと言った。
もうすぐ着きますね、と雑談をしながしばらく歩くことにした。
松田さんはゴルフがお上手で、いろいろな大会で優勝されている。70を切るというスコアを聞いて驚いた。
私は空振りをカウントせずに120がやっとなのだ。
ちなみに、草むらに入ると《手の五番》と称し、掴んでフェアウェイに投げ出す荒技も持っている。
あまりの次元の違いにクラっときてしまう。

午前11時前に49番札所浄土寺に到着した。
雨が降りしきる中、寒さに震えてお参りをする。
本堂で家内安全を祈願し、大師堂では今日雨の中を歩いてお遍路している皆さんが風邪などひかないよう、お大師様にお願いした。
お軸が雨に濡れないように気を付けて納経所まで走る。
納経を済ませてると山門の下で少し雨宿りをした。
車お遍路さんのご夫婦に
「雨の中大変だね、頑張ってね。」と声を掛けて頂いた。
元気に挨拶をした後、鼻水をかむ。
いかん、鼻水が止まらなくなっている。ポケットからティッシュを出すが、普通のティッシュがしっとりウェットティッシュのようになっていた。
こんど風邪をこじらせたら大変だ。でも、既に全身ずぶ濡れに近い状態になっていた。
時刻は午前11時10分。
ザックを担ぎポンチョのお手伝いをして次の札所に向かった。

 
 いいね!: 14 件

道中記にコメントする

道中記へのコメントは、ログインが必要です。

プロフィール

うさぎのアバター
  • ニックネーム:うさぎ
  • 性別:女性
  • 年代:50代
  • お住まい:愛知県
  • リンク:-----

歩き遍路で人生修行中

お遍路道中記(月別)

納経帳

うさぎさんの納経帳を見る

1周の結願があります。

ただいま、2周目の巡礼中

現在の巡拝数:0/88


Copyright © 2022 お遍路ポータル ALL RIGHTS RESERVED