お遍路さん登録 ログイン

転ばぬ先の金剛杖と悲しい遍路墓

うさぎさんのお遍路道中記

作成日:2012年04月22日 訪問日:2012年04月07日
43番札所 源光山明石寺


朝4時半に起床し、窓を開けた。
朝もやに包まれた畑や山々の木々が、新鮮な空気を届けてくれる。
少し曇っているが、日中は晴天のようだ。
足の消毒を済ませ、身支度を整えた。
四人で朝食を取る。
昨夜同様、とうべやの旦那さんはご機嫌な様子でニコニコ。
食後にはコーヒーも淹れてくださった。
更に、会計時にはオヤツにしなさいと言ってたくさんの甘露飴や文旦をくださるご機嫌様だ。
午前6時50分、揃って出発となった。
窓から旦那さんが見送りしてくださっている。
私がザックにお軸を差しているのを見て、泥棒が多いから気を付けなきゃダメだよ?と心配してくださる。握手を交わし、出発した。

少し歩いたところで松田さんが
「以前来た時にはあんなに愛想良くなかった」
と言う。
今回のようにご機嫌なのは奇跡らしい。
みんなで笑いながら、本当は優しい良い人で楽しかったねーと言って悪い噂はどこへやらだ。

しばらくなだらかな道を進み、道は徐々に勾配がキツくなっていく。
いよいよ歯長峠越えだ。
井田さんが二本杖を上手に使いながら先頭を行く。
続いて松田さん、私、お坊さんの順に登って行った。
登りは結構厳しかったが、長い距離ではなかったため思っていたような苦労もなく、順調に越えることが出来た。
頂上には送迎庵見送り大師の小さなお堂があった。
それぞれが手を合わせる。
座るところがないので、そのまま一気に下ることにした。
急な斜面が続く。
先頭の井田さんはかなりの健脚さんで、登りもスイスイ、下りもスイスイと歩いて行く。
私は歩くと言うより、重力で足が前に前に出てそれに合わせて身体が転がるように下っていくのだ。
井田さんの直ぐ後ろを歩きながらおしゃべりした。
井田さんは声が小さく、お話を聞くにはかなり近距離にならないといけない。
しかし、あまりの速さに話が途切れ途切れになる。アタフタしながら着いて行くのに一生懸命だ。
前にお杖を出し、支えにしながら駆け下る。
正に転ばぬ先の金剛杖だ。
井田さんの趣味はバイク。
お互いにバイク乗りということもあり、話に花が咲く。
井田さんはアメリカンタイプ、私はスポーツタイプ。
あのバイクがダメとか、これが欲しいとか、やいのやいの好き放題に楽しくお話ししていたら、何時の間にか峠の下に着いてしまった。
後方の二人が来ないので、ブロック塀に腰掛け休憩することにした。
隠し持っていたお饅頭やチョコレートを二人で食べていると、松田さん、お坊さんの順に到着した。
時刻は午前7時50分、宿を出てから一時間ジャストで心配していた歯長峠越えは終了したのであった。
この先、次の札所まで峠は無い。
四人でで入れ替わり立ち替わりおしゃべりしながら歩く。

峠を下りてすぐ右手に遍路墓があった。
行き倒れになったお遍路さんのお墓だ。
お線香をあげ、お参りをした。
昔は命がけだった遍路旅。身体が不自由な方が多かったと聞く。
遥か昔の方々に思いを馳せながら再び歩き出す。
川沿いの県道29から住宅街の道に入り、高速道路をくぐると狭い住宅街、山道と続き坂道の遥か上に43番札所の明石寺が姿を表した。
少し雨がパラつきだす。
山門下の売店でおトイレ休憩してから階段を上がり本堂へ向かった。
山門も含め、歴史がありそうな古い建物だった。
木々に囲まれた明石寺は静かな佇まいで、雨のせいもあり少し淋しげな感じのするお寺だった。
ここでもお坊さんの後ろでモゴモゴお経を唱える。やはり最後の一節しか合唱することが出来なかった。
こんなことで私はちゃんとお参りしたことになるのか、不安な気持ちになった。
次からはグダグダのお経でも、やはり自分で唱えようと思った。
本堂で家内安全を祈願し、大師堂ではこのお坊さんが立派なご住職になられるよう祈願した。
納経を済ませるとパラついていた雨が止み、時折晴れ間が見えていたのでカッパは着けずにそのまま今夜の宿がある伊予大州の街を目指すことにした。
時刻は9時50分、遍路シールを見るとまた山道に続いていて気が重くなった。

 
 いいね!: 21 件
ととろ 2012年04月24日 コメントNO:256

うさぎさん、四国に再上陸されたんですね(^^V いらっしゃい!お帰りなさい。明石寺だから、もうちょっとで近くまでくるな~。是非、お会いしたいけど。ペース的にGW前にはすぎるかな。タイミング会えば53番→54番の途中にある番外霊場「鎌大使」で待ち伏せしてるかもしれません。(休日限定在中)GWには2周目終わらせて、逆打ち開始するつもりでいるのでどこかで会える事をよいですね!

mesh.ad.jp

うさぎ 2012年04月24日 コメントNO:257

ととろさん

ご無沙汰しています。
お元気でしたか?
二週目も楽しいお遍路旅を会社の方としているようですね!
さて、私は4月12日に53番円明寺を打ち、養護院まで歩いたところで今回の区切りをつけ、翌朝名古屋に帰ってきました。
少し前を回っていたのですね、凄く残念です(>人<;)
次回は治療を終えた9月に再開し、結願まで行きたいと思っています。
もしご都合が会えば、ととろさんが逆打ちしている時にバッタリ出会うかもしれませんね。
その時は、私が待ち伏せします(笑)
私はグリーンのザックが目印です。
納札の交換が出来ることを願っています( ̄^ ̄)ゞ
コメント、嬉しかったです。
ありがとうございました!

au-net.ne.jp

ととろ 2012年04月24日 コメントNO:258

うっ。。。「養護院」まで来ていたんですね(^^;2日後の夕方に養護院に私も居ました。養護院は、無人のお寺なので、地元の人たちが、管理していて、たまたま管理しているおじさんと会って、1時間ほど話し込んでました。次の日そのおじさんと、三角寺であったのですが(^^;逆打ち終えてもぐるぐる回るつもりなのでどこかで会える事を祈っています。是非、納め札交換したいですね!
私の目印は、見たら即わかります。遍路のカッコした、身長110cmくらいのかわいらしい(自称かっこよい)遍路さんです。車、自転車、歩きのアレンジで2周目以降は回ってます。歩きと自転車の時にあったら一発でわかるかな(^^;

mesh.ad.jp

うさぎ 2012年04月25日 コメントNO:259

ととろさん

近くに居たのですね!
凄い偶然です(笑)
いつかきっと、お会い出来る気がします。凄く楽しみです?
どっちが先に見つけるか、勝負ですね!
いつも、コメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
ととろさんも、お気を付けてお遍路旅を楽しんでくださいね。

au-net.ne.jp

道中記にコメントする

道中記へのコメントは、ログインが必要です。

プロフィール

うさぎのアバター
  • ニックネーム:うさぎ
  • 性別:女性
  • 年代:50代
  • お住まい:愛知県
  • リンク:-----

歩き遍路で人生修行中

お遍路道中記(月別)

納経帳

うさぎさんの納経帳を見る

1周の結願があります。

ただいま、2周目の巡礼中

現在の巡拝数:0/88


Copyright © 2022 お遍路ポータル ALL RIGHTS RESERVED