お遍路さん登録 ログイン

須賀山圓明寺 すがざん:えんみょうじ

第53番札所


須賀山圓明寺の画像

道路脇の山門をくぐるとすぐ、二層の楼門が続き、正面に本堂が建つ。開基は天平勝宝元年(749年)とされ、本尊の阿弥陀如来は行基の作と伝えられる。以後たび重なる兵火のため消失、再興したのは元和年間(1615~1623)になってであり、和気の豪族須賀重久が現在地に本尊を移転、伽藍を再興した。 大正4年に、この地を訪れた米国のスタール博士が本尊を収めた厨子に銅板が打ち付けられているのを発見。銅板には「慶安3年(1650) 京樋口 奉納四国仲遍路同行二人 今月今日平人家次」と記されていた。銅板では日本最古の納札とされている。

基本情報

住所 愛媛県松山市和気町1-182
電話番号 089-978-1129
宗派 真言宗智山派
本尊 阿弥陀如来
交通アクセス 松山自動車道松山ICより約15km
地図
須賀山圓明寺の大きな地図を見る
公式ホームページ

須賀山圓明寺のお遍路道中記

お遍路ポータルとは

四国巡礼八十八箇所お遍路さん巡りの総合情報サイトです。
お遍路さんによる情報発信と情報を共有する事を目的としています。

詳しく見る
Copyright © 2016 お遍路ポータル ALL RIGHTS RESERVED